雇われ美容師さん!自由に人間らしく働く為にまず読んでください

はじめに

 

こちらのブログは、これからフリーランスで美容師をしていきたい人をメインに、アドバイスや思いや情報などを発信していこうと思っています。

 

 

想い

people praying at the sunset.

 

そもそも、このような活動をしようと思ったきっかけは、

 

これからの若い世代の美容師がもっともっと増えて欲しいと思い、

 

その為には、労働環境の見直し、働き方の見直す必要がありました。

 

「安い給料で長時間労働は当り前、むしろタダで教えていただいているんだからラッキーでしょ?」

 

みたいなスタンスが今の時代には合わないと感じてます。

 

働くサロンの全てがそうではありませんが

 

これは経営目線での話で、

若い子を安い給料で長時間働かし沢山の利益を得て、

上の人が働かずに儲ける。悪く言うと

若い子が技術を学ぶのもそのお店の利益になるから教えてるって事です
経営的にはあってると思いますし、全ての美容師、サロンさんがそうではありませんが。

 

それを若いアシスタントの子に「これは修行の一部やで~」やと、感情論に切り替えて話してる事が多いと感じています。

 

今、技術の話を少しふれたのでこのまま話すと

 

僕自身が、教えてくれる美容師さんがいませんでしたが全く問題なくやっていけてます。

困ったら調べれば簡単に解決するし、いろんな方が講習に回ってるのでそれを受講すれば大丈夫でしたし。

 

今の時代、ネットを検索すれば動画で技術がアップされたりブログでカラーやパーマなどのケミカルについても学べます。美容の雑誌でもたくさんの事を学ぶ事が出来ます。

 

たいていの美容室では、就職してから技術を学ぶときに

 

まずは先輩の技術を完璧にコピーして、先輩のアシスタントをする。

 

そして、その技術をもとに自分の技へと昇華する。っていう流れなんですけど

 

先輩の技術完全コピーの部分って、そもそも、そのやり方がその子にあってるかどうかわかりません、そこに運的なものが作用されるのが効率的ではないと思います

たしかに、尊敬する美容師さんがいるのはいい事だしベースになる技術は必要だと思います。

 

ただ、それは今の時代、簡単に検索もしくは講習などで学ぶ事が出来る時代です。とくに若い世代の子はそこら辺はすごく上手く活用して効率的にできると思います

 

 

 

これからの美容師と美容室、お客様のありかたを考えた時

今の時代、個人で経営されている美容室がすごく増えてきてると思います。

そこに一人でもフリーランスの美容師が入って、

例えば月に10万円家賃としてもらっていたら

費用がかかることなく月々のローンの返済代にもなるし、

フリーランスの子は大きな借金をせずに働けてどっちもがハッピーになれると思います。

それと、今はwワークの考えも普及していますので美容師をしながらでも他の仕事もできるし、

主婦の方だったら隙間時間に安い時給でバイトするよりも、

好きな美容の仕事で短時間で稼げる方が断然に良いと思います。

 

このように、働き方が多様化になると思います。

 

実質、この考え方は急速にひろまりつつあり地方でも増えてきています。

 

個人お店をされている方は、

一人で仕事するのは気楽だし前のお店でできなかった事ができるから、

最大限にお客様にサービスなどができるから凄くいいことだと思います。

ただ、経営があまりうまくいかなかったり

子供の事でお金がもっとかかるようになったり、

自分の身にもしもの時があった時が凄くリスクもともないます。

そういう観点からでもフリーランスで美容師に場所を貸したり、

シェアさせたりしてると月々にお金も入るしでリスクも軽減させる事が出来ると思います。

 

藤田の夢

若い子世代の子が美容師になったおかげで、

やりたかった事ができ自由に時間も使えて不自由がない生活も送れて

幸せだなーってなれるような環境づくりをするべく活動してます。

それを見たもっと下の世代の子たちがそれを見て美容師を目指してくれて

美容師人口が増えてくれると凄く嬉しいなぁって思ってます。

憧れで美容師になるだけでなく、

効率的に考えてプライベートと仕事のバランスがいい感じでとりやすいから美容師になりたいな。

って思って美容師になってもよいと思います。

だって、人生ひとそれぞれだし、幸せのあり方もそれぞれだと思いますんで

僕自身、もともと美容師になりたくてなったわけではなく、

進路を考えた時に大学も行ける学力がなく、

かといって働きたくもなかったのでなんとなく美容師を選び、

働き始めは大変な事も沢山ありましたが、

多くのお客様と関わり仲良くなり、

そこ方たちの髪をもっともっと自分がキレイにしたい!

って強く思うようになってから美容師としての仕事が好きになり、

この仕事は天職だったんだなって思うようになったので、

美容師になるきっかけはなんでもいいんだなって思いました。

e-mailでのお問い合わせ