まずは、知っておきたい現代美容室の裏話

まずは、現状を知りましょう

 

ここ数年で個人店をだしているお店が急増しています

 

ですがそれも後2~3年で終わりを迎えます

 

では、その後にどうなるか?

 

それは、10年未満で閉店する美容室が急増します。

 

理由としては、

 

現代のほとんどの美容師が売り上げが50万以下だからです

 

これは、技術の問題や集客の問題だけでなく

 

人口が減り美容室がふえているからです

 

そこで重要になる事ってなんでしょうか??

 

集客に力をいれますか?

 

それは、間違いではありませんが

 

美容師1人で出来る売り上げや客数には限界があります。

 

休みや時間を削って頑張っても

 

福井でしたら80万ぐらいが限界です。

 

カット料金が1万とかですと別ですが。

 

 

一番先に考える事

 

 

それは、

 

 

リスクを減らすことです

 

つまり

 

経費を減らすことです

 

無駄な広告料を削り

 

一番ネックになる家賃問題です

 

テナントを借りたとしても

 

福井でも安く15万はかかります

 

そこから駐車場代やら店舗改装費がかかります

 

つまり、売り上げが60万くらいだったら

 

自分の手取りは保険料なども引いて

 

25万程度になります

 

結局なんの為に独立したかわかりませんね。

 

他に、福井でもある面貸しサロンは

 

売り上げの40%~50%を上納しないといけませんので

 

あんまりかわりませんね。

 

なので、休みも少ないし、リスクもでかいから

 

美容室を閉めて普通の会社員になる人が9割はいます。

 

では、どうすればいいのか??

 

自分のサロンにセット面が1席でも余ってるのだったら

 

これからの若い美容師や出産後などで復帰したい美容師に

 

場所を貸してしまえばよいのです

 

それがシェアサロンの考えです

 

 

次世代のビジネスモデルシェアサロン

 

 

これからは、シェアサロンが美容師と美容室のありかたになっていきます

 

簡単に説明すると

 

場所を貸す側は時間契約か月契約で

 

フリーランスの美容師と契約します

 

例えば月10万で貸す場合でしたら

 

今までの売り上げから家賃収入が10万入りますので

 

手取りが25万でしたら、単純に35万になります

 

それだけでも大きいですよね

 

 

さらにフリーランスの美容師も

 

月10万でしたら

 

売り上げが50万しかなくても

 

家賃、広告費、材料費を引いても

 

35万は残ります

 

ざっくりな計算ですが笑

 

しかも、フリーランスの美容師は

 

独立に費用がほとんどかかってませんので

 

借金もないので独立でのリスクがありません。

 

貸す側→経費削減

借りる側→リスクの軽減

 

メリットしかありませんよね。

 

ざっくりいうとこれが

 

シェアサロンのしくみです

 

これから、フリーランスの美容師がどんどん増えていきます

 

そして、フリーランスの美容師を藤田は増やしています

 

自分の10年後、20年後の姿を考えていないのでしたら

 

現代の美容業界では非常にまずいです。

 

なので、私も先の未来を考えたときに

 

一生涯美容師をしたいと思いました

 

それをするには美容の仕事を頑張るだけでなく

 

いかに将来のリスクを減らすのかがポイントになります。

 

 

ここまでで気になったかたはこちらか問い合わせください

 

友だち追加

 

問い合わせフォームからでも大丈夫です!!

 

 

ちなみに藤田は場所を貸してほしいサロンと

 

場所を借りたい美容師をつなぐコミュニティー

 

サロカリに所属していて

 

それをモデルに福井でもやりやすいよう

 

アレンジしていってます

 

サロカリの説明は次の機会で

 

気になった方はこちらが代表のブログです

 

旅する美容師で1番最初にヒットするかたで

 

桑原淳さんといいます。

 

【新しいコミュニティ】美容師マッチングサロン サロカリとは?ここに入れば全てが叶う。

 

e-mailでのお問い合わせ