ラオスレポートその3 観光などなど【福井 美容師】

 

ラオスレポートその2~ヘアカット編~【福井 美容師】

2019.05.27

ラオスレポート~ヘアカット編1~【福井 美容師】

2019.05.26

トップの画像が僕が泊まったホテル、カムピアンホテルという名前です。
1泊がだいたい23ドルぐらいだったのかな??
なんで、3000円いかないくらいです!

部屋のベットも広いし一人用がないので必然的にキングサイズのベットになります。
シャワーもお湯が出てくれたのでぜんぜん良いところ。

忘れずに撮れたごはんたち

朝食で食べた、フランスパンに具を挟んだやつ。
だいたい、8,000キープ(100円くらい)。味は、今までに食べたことのない調味料のあじなので、いまいち伝えれないのですが、パクチー臭と魚を発行させた味噌みたいなやつの味かな??

ナンプラーが無理な人は全く駄目ですねw

これは、お昼に食べたグリーンカレー。
見た目とは裏腹に、めっちゃ辛いので胃と食道が痛すぎてその後の胃もたれが半端なかったですw
ただ、辛くてもすごく美味しかったです。
ラオスの人は辛い物には砂糖を入れるんですけど、そんなんで和らぐのか疑問に思ってて、
でも実際に入れてみたら辛さが和らぐ不思議を体験してきました。

 

スコールにうたれてしまったので、雨宿りがてら入った食堂??みたいな所。
今まで入った所は料金が数字で書いてあったりしたので値段とかわかったんですけど、
今回のところは値段が現地の文字で書かれていたので不明。
メニューもないので頼み方も不明w

店員らしきおばちゃんに聞いたら、
スープかごはんかをまず決めて、ケース越しにあるオカズを選ぶスタイル。
そのおかずによって値段が変わる感じでした。

エビとかもあったんですけど、海産物の方が下手すると当たりそうなので、お肉らしきものにして
あじもやっぱり、ナンプラーとかそっち系の味。
でも、僕はめちゃ好きなので大満足。

値段も、25,000キープ(だいたい300円)くらいでちょい高めかな?って感じです。
多分、牛肉っぽかったから少し高いと思う。

そこのごはん屋さんで一番の衝撃が、
ラオスもご飯を残しても良い文化。

なので、白米なんかも結構残す人が多い。
僕の前に座ってた人なんかも結構残していて、それをさげた店員のおじちゃんを観察したら、

なんと・・・・

なんと・・・・

 

残ったご飯を

炊飯器に戻すというww

 

確かに、見た感じキレイだったので、まぁしかたのないことかなw?

これも、ラオスの伝統料理のカオピアック。

鳥出汁で、具は店によるのですが、魚介のミンチボール的なやつとトントロみたなのと
なんかの血を固めたやつw

他に、バジルとパクチー、ライムをくれるので好みに合わせて味も変えれます。
これで、だいたい12,000キープ(150円くらい)。

観光編もながくなりそうなのでその2に続きます。

e-mailでのお問い合わせ