ラオスレポート~ヘアカット編1~【福井 美容師】

今回の海外ボランティア旅行もラオスに行ってきました。

ベトナム航空の1番早いやつは、10時半出発の便なので大阪の前泊が必須になります。
大阪での宿泊費を極力抑えたかったので南海難波駅構内にあるカプセルホテルに泊まりました。
値段もなんと1300円くらいでした😎

朝、南海電車の特急ラピートで関空まで。
ラピートも直前までネットで予約もできるます。
一つ注意点があるのが完全予約制、指定席なので早めに予約、もしくは当日に切符をとらないと席がいっぱいの場合乗れません。

その後、関空からベトナムのハノイ国際空港。
関空で荷物預ける時に航空券も貰えるし、フライトの予定表見せてパスポート見せたら問題なし。
しかも、今時は予約できていたらパスポートのみでチケットレスでも出来るっぽい🙄
それもあってか、今年の海外利用者数も過去一番らしい。

ハノイまでだいたい5時間未満で到着。
ベトナム航空の機内食はすごく美味しです!
そこで1つ気が付いたのが、機内食での事です。
僕の感覚だと
「beef or fish??」

って聞かれると思ってたんですけど、実際は、
「japanese style or westan style ??」
なんです!!

日本食か、洋風のご飯って意味です🙄
最初聞かれたとき、
「は??」
ってなりましたw

ちなみに、韓国の場合は、
westanではなく、ビビンバって聞かれるらしいです!

そんなこんなで、ハノイ空港に着いて、
トランジットで2時間半はあったのでスイッチのゲームのゼルダで時間潰し。
ここでは、ご飯を食べす!
理由は、ハノイからワットタイ空港までの機内でもパンがでるのです!

そして機内に乗り込み、飛行機の中もゲームをしたりアニメを見る。
普段、家でやっている事と全く同じですw
むしろ、ご飯も飲み物も出てくるので、快適です😁

ラオスのワットタイ国際空港に着いて、そこから出ているタクシーでホテルまで。
空港からタクシーを利用でき、飛行会社と提携してるっぽいので値段も一律。
ちょい高めの70,000キープ(900円くらい)

そこから、定期的にラオスに働きに来ている東京の美容師さんと合流してご飯に。

ご飯の話やフリーな時間の話はまた後でします!!

NPO法人アジアの障碍者を支援する会「ADDP」

 

5月21日火曜日、初日はADDPさんの施設に行ってまいりました。
僕の泊まっているホテルから4キロほど離れていたので自転車を借りて。

金額が8,000キープ日本円で約1000円くらい。
デポジットでパスポートって言われたけど嫌だったのでキープを500,000キープで。

そして、ADDPさんの施設にに行きカットする場所の隣がカフェになっていてますはそちらで。

そしたら、ADDPの会長の前島富子さん(通称マダム)とその娘さんがいて挨拶もさせていただきました。
1992年から発足したADDPさ設立当初の活動は障がい者のスポーツ振興と就労支援を行っていました。
その後、娘さんがカフェをしたり美容院をしようとしたりとサービス業にも広げていました。

私は、そのカフェで働いている耳が聞こえない方や、カフェで出すクッキーを作っている足が不自由だったりする方達の髪を切りました。

午前中は、その障害がある方たちをサポートしている地元の健常者の女の子の髪をチョキチョキ。
タブレットで髪の雑誌を見せたらキャキャしていたのでどの国も女子は変わらないなとw

 

この子が少し英語も話せるのでラオス語を教えてもらったり、
世話を焼いてくれるタイプの子だったのでといろいろと関わる機会も多かったです。

その子がノイちゃん

午後はクッキーを作っている方たちのカット。
1人がすればどんどんどんどんやりたい人が増えていくw
後ろを振り向けば・・・・人だかりw

でも、皆の笑顔がみれるので大満足。
変わった自分を見て鏡の前で何度も振り向いたりするあの顔を見て
自分の心がアツくなる感じがたまらなく好きです。

ちょっとアルコールが入ってるので少し赤いのすみませんw
仕事でもビアラオ飲む人多くて、流されましたw

 

長くなったのでその2に続きます。

ラオスレポートその3 観光などなど【福井 美容師】

2019.05.28

ラオスレポートその2~ヘアカット編~【福井 美容師】

2019.05.27

e-mailでのお問い合わせ