リーディアルさん主催!ラオスへ髪切りに行ってきました

上の写真は長かった髪をおソロでバッサリカットしたお気に入りの写真です🔅

 

今回、リーディアル、梅田美容さんが主催でラオスにヘアカットをしてきました。

内容はラオスのろう学校で子供たちのヘアカットと、
女性の為の職業訓練校で美容師を目指す女の子たちに技術を指導するみたいな感じの流れでした。

海外に行くのは人生で2回目ですが1回目は専門学校の時に行った、
イギリスとフランスに行った旅行なので,
実質、初めて行くようなもんでした。

そもそも、海外を旅したいと考えていましたが、福井でフリーランス向けにいろいろと動き出したら福井から出れなくなってしまい、
現状では数カ月に1回1週間程度行くのが限界かなと😅

なので、今回行ってみたかった東南アジアに行けることが決まって、
今回のボランティア研修で今後を決めようと心に決めていました。

僕的には、ボランティアというようりは友達や知り合いを作りに行った感じです。

以前、旅する美容師桑原さんが言っていた言葉で、
「髪を切ることで現地の人と仲良くなれた。カットというツールを使って知り合いを増やす事ができた。」

確かに僕らは、髪を切るという手段で多くの人と関わることが出来る職なんだなと。

ラオス1日目

初日は、ろう学校でのチャリティーカット

小学生くらいの子供たちが多いのでテンションでいけるなと!!

この子供たちの髪をカットして、僕は25人くらいはしたと思いますw
耳が聞こえなくても、そもそも言葉も通じないので写真と身振り手振りと、表情でなんとかなるなと😎


後は、僕のリアクションでコミュニケーションはとれたのですごく楽しかったなと思います。
でも、1つだけ分かったのは女の子は友達同士おソロにするのを好むんだなとw

基本的には前髪を作っている子が少ないので興味はあるけれども・・・って感じなので、
任せてのジェスチャーで押し切りました😎

でも、可愛くなった自分、今までの自分と変われた姿を見た時のリアクションでやりきった感がでますよね

仕上げまで間に合わなかったりしたので、お手伝いに来ていた次の日に講習を受ける女の子に任せてコラボ作!

波巻きウェーブも教えたらスイスイとしていて女の子はやっぱり飲み込み早いなってかんじですw

あと、やっぱり折り紙は最強ですねw
耳が聞こえなくても出来る遊び!普及するといいな

 

ラオス2日目

2日目は、職業訓練校でのヘアカットレッスン。
1日しか日はないので何をどこまで教えれるかはわからないし、
言葉も通じないけど、何かしら心に残ったらなと

で、レッスン中に校長的な人が

「髪切ってくれ」

自由ですねww

 

その後レッスン再開!
2人だけ英語が分かる子がいて言葉が伝わるって楽だなってw

でも、ラオスの女の子達すごく可愛いいのでやる気とモチベーションだけはマックスだったので、
熱意だけは松岡さんバリでした!!

最初に、ラオスの子たちはあまり意欲的ではないよ!
って伺っていてレッスン中にも座ったりするよ!!って聞いてたんですけど
皆、真面目に聞いてくれたし座る子も1人もいなくて、

指導者がよかったのかな??

とか勘違い起こしそうでw

また、数か月後も行こうかな??的な感じでモチベーションもあがってます😁

決して、可愛い子たちに会いたいし触れ合いたい訳ではありませんからねw

まとめ

今回、ラオスに来れて本当に良かったと思います。

海外に行ったら価値観が変わるとか言いますが、僕的には原点にかえりました。
自分の本当にしたい事ってなんだろう??

僕は、多くの人と友達になりたい。
その為のツールとしてヘアカットがある。
多くの人の髪を切って知り合いや友達を増やす。
それが何かしら社会性となればボランティアと呼ばれるのかな??
その辺はよくわかりませんが、今は自分のしたい事をやっていこうという原点にかえれました。

決して、僕が東南アジア系の顔立ちが好みのタイプだからっていう不純な動機がメインではありませんからね
もし仮に、たまたま何かしらの縁があればってくらいなんでw

e-mailでのお問い合わせ