おすすめ漫画 弱虫ペダル

まずは、この作品から紹介します!

 

弱虫ペダルです!

 

僕が何回も読ん作品で、読むたびに泣いてしまいます笑

 

どんな作品かと言いますと、高校生の青春スポーツ漫画です!

協議は、自転車競技部のお話なんです

今まであまりなかった感じのスポーツですね

ピンとこない方も多いと思いますが簡単にいいますと6人で1チーム、3日間にわけて100キロ以上にも及ぶコースを走り続けます!!

そして、3日目の最終日に1番でゴールしたチームの総合優勝になります。

スタートと同時に皆が、バラバラでゴールを目指すのではなく、

チームで助け合いながら走り、各高校のエースをゴール付近までとどけ

最終的にエース同士が戦い優勝を勝ち取るという流れです。

 

もちろん技術などもいろいろありますが球技に比べて、テクニックなどが少なく、どちらかというとメンタルが強くないとダメな競技です!

 

なので、

 

そこが、すごく良いんです!

 

ボロボロになりながらでもライバルチームに負けないように必死で自転車を漕ぎつづけたり、仲間がアクシデントで最後尾のほうになってしまった場面でも置き去りにすることなく駆けつけ、一緒にチームの元まで互いにフォローしながら漕いだりと、書ききれないくらい感動があります!

 

 

基本的に僕は、主人公の師匠とか先輩とかのキャラクターに惹かれる事が多く、この作品でも巻島先輩というキャラが主人公の小野田君(丸メガネの子)の先輩にあたります

 

このパイセンの魅力は、めちゃ名言を残してくれます笑

それと、型にはまらず自分らしくする事の素晴らしさを主人公に伝えてます

実際、巻島先輩は独特な自転車の乗り方から

「ピークスパイダー」と呼ばれるようになります笑

そして、名言の一つが

「小野田よ得意なもんが一つだけあってそいつにフタをされたらそん時どうする?

待つ?逃げる?迂回する?

それとも落ち込むかぁ??

 

突破するっきゃないっショ!!

 

俺ら、それしかないんだから」

 

目の前の壁が大きい過ぎてる主人公が落ち込んでる時に残した名言です

 

カッコイイですね

 

自分は、器用ではないから沢山の事はできない。
ただ一つの得意な事を極限まで突き詰めて壁をぶち破れ!って意味も込めてアドバイスしてます

 

この時も、鳥肌たちました笑笑

巻島先輩がかっこ良すぎて

 

まだまだ魅力は沢山のありますが語りどしたら2時間はかかりますのでこの辺で終わります

 

最後に一つだけ言える事は、高校生の青春スポーツ物は、敵チームもそれぞれ努力してレースに臨んでますので嫌なチームが一つもなくそれぞれのストーリーがあるのでそこも魅力の一つとなります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

e-mailでのお問い合わせ