ここら辺でもう一度おさらい!ヘアトリートメントについてまとめ

最初に言います

今のシリーズのトリートメントの話は

髪の毛の事だけを研究している人と

ケミカルマイスターの美容師が

最新の研究をもとに実験をし

結果を出していて、美容雑誌にも載っています。

普通に検索かければ言われている事です!!

 

 

前回までの記事

トリートメントが髪を傷める

トリートメントの真実~序章~気づけよ乙女!

極悪トリートメントランキング!!!

 

シリーズものですので

順番によんでくださいね

 

 

初めてブログ読む人はこちらも

いろいろする前に絶対みてね!!

 

 

さっそく本題に!!!

 

 

よくあるうたい文句

その
当店はノンアルカリの薬で
水の力を利用してパーマをしますので髪にダメージはありません!

その
髪質改善ヘアエステなら髪の栄養成分を浸透させて
ヘアカラーやパーマをしていくのでダメージレスです!!

こんなありがちな広告、

 

美容室でヘアカラーやパーマをした場合に美容師さんが

「今日はヘアカラーしたので 髪の傷みを防ぐため
ヘアトリートメントしましょう!!」

などと勧められる事が多いですが

全くのデタラメなお話です😨

 

ヘアトリートメントに
パーマやヘアカラーのダメージを防ぐ効果も
ダメージを治す効果もありません!!

 

ダメージレスなパーマ剤もヘアカラー剤も絶対にないですし

髪の毛のダメージを修復するトリートメントもありません!

 

美容師のカラー剤の調合、施術の仕方で

極力ダメージは抑える事が可能です😎

こちらの記事を読んでみてください

一度は聞いたことがある!!!匠の技術~カラー編~

 

 

カラー専門店ってどうなの? 

 

今時、カラー専門店で、2000円カラーなどがはやっています。

これらは、とりあえず染まればよい!が目的なので

その後のダメージの事やその人が今後どういった髪型にしたいのか?

を考えていませんので、誰でも簡単に短時間で(回転率が命なので)染めれるように

ヘアダメージを無視した強いカラー剤を使用しています。

もし、髪をキレイに保ちたい、
パーマやストレートでオシャレを楽しみたい、
カラーの色持ちも良くしたい方は
絶対にやめてください😣!!!

 

 

ヘアダメージを解消する方法

 

美容室でカラーやパーマをしてダメージするのは納得してると思います

そのダメージを出来るだけ少なくするには
サロントリートメントをしたり
ホームケア用品を厳選して髪を良くするモノを使う

これで髪の毛の傷みは少なくなると考えられていましたが

 

それは間違いでした😇

 

髪になにかしらの栄養成分でも補えば
髪の毛の傷みが治る!!!

これは勘違いでした😂

 

 

髪の毛は死滅細胞で出来ているので
 カラーやパーマなどをすればするほどダメージ進行していくだけで
栄養を消化も吸収もできません😨

何かを浸透させたり 足したりしても無駄!

 

ヘアダメージ・髪の毛の傷みを減少させる方法は
引き算で考えたほうが良いのです!!

 

 

これが マイナストリートメント

 

引き算のヘアケア!!

 

早く知りたい方はこちらから質問でもOK

カットとかなしでカウンセリングのメニューもあります

友だち追加

 

 

最近要望が多かった、

髪の巻き方やセットの仕方、子供の髪のヘアアレンジなど、

マンツーマンでも教えれますしグループでも大丈夫です!!

そちらもお問い合わせください😁

 

 

 

e-mailでのお問い合わせ